老後の資産運用

| 老後の資産運用 | MMFとは | 外貨取引 | リンク集 |

資産運用を始める前に

現在、日本は「超高齢化社会」へと進みつつあると言われています。
厚生労働省の発表によれば、2010年の日本人の平均寿命は男性が79.6歳、女性が86.4歳にまで達したそうです。
この発表では日本人が75歳まで生きる確率は、男性で約7割、女性で約8割5分という報告もされています。

もちろん長寿はうれしいことですが、気になるのが老後資金ということになります。
私たちの老後の資産運用には、どんな方法があるのでしょうか?

http://chubu-estate.co.jp/
不動産の買取・売却から相続のことまで、不動産のことなら何でもご相談ください。
中部エステイト 〒444-0847 愛知県岡崎市六名東町3番地1
http://chubu-estate.co.jp/


今、老後の資産運用で注目されているのが「分散投資」と「長期投資」という考え方です。
分散投資とは、文字通り自己資金を分散して投資するという意味で、投資対象の価値が下落した場合のリスクを避けるための方法です。

どんなに有望な投資でも、世界経済の動向や日本の経済動向によるリスクをゼロにするということはできません。
そうしたリスクを出来る限り減らすのが分散投資という方法で、時間的分散・投資先による分散・投資商品の分散などを行ないます。

もうひとつの資産運用のポイントが、長期的に投資を行なうという方法です。
老後の資産運用は起業や財産増加を狙ってのものではありませんから、長期的な視野に立って低くても確実なリターンを目指すというのがリスクの少ないやり方といえるのです。
たとえば、株式であれば、10〜30年間の期間のトータルで、年5〜8%のリターンを目標にするといいと言われています。

分散化という意味ではさまざまな金融商品を利用するという方法が考えられますが、いずれの方法を採るとしても事前に充分に理解してからスタートすることをお勧めします。


トラストの特掃最前線
http://www.tokusosaizensen.jp/
名古屋を中心に愛知県でゴミ屋敷の掃除、生前整理・遺品整理など、
長年たまったゴミを片付けて新生活のスタートをお手伝いします。
24時間OK!フリーダイヤル:0120-756-302